うきはの宝株式会社、うきは6次産業化研究開発・事業化支援センター(うきは夢ラボ)に新たな拠点を設置

うきは市ふるさと納税を勝手にPR中!
こんにちは、うきはの宝株式会社代表の大熊みつるです。今日は新たな拠点の紹介です。6次化センター食品加工場です。わたしたちうきはの宝で、2019年12月に保健所より認可を受けまして、ここで農産物や食品の加工の試作、食品の生産をおこないます。基本はこ

うきはの宝株式会社(うきは市浮羽町浮羽756 FLATFORM UKIHA内)が、旧妹川保育所(うきは市浮羽町妹川4333-1)の拠点に加えて、うきは6次産業化研究開発・事業化支援センター(うきは市浮羽町朝田223-1)に新たな拠点を設けたとのことです。

うきはの宝株式会社(うきは市浮羽町浮羽756 FLATFORM UKIHA内)が、旧妹川保育所(うきは市浮羽町妹川4333-1)に新...

SNS告知

新たな拠点の紹介です!75歳以上のおばあちゃんたちが働ける会社「うきはの宝 株式会社」の新しい商品開発・製造拠点です!昨年末に保健所より認可も全て取得完了しました。夢のような最新設備が整った食品加工場です。

大熊 充さんの投稿 2020年1月22日水曜日

わたしたちうきはの宝で、2019年12月に保健所より認可を受けまして、ここで農産物や食品の加工の試作、食品の生産をおこないます。基本はこちら6次化センターの施設趣旨に沿って、うきはの素材を使った食品開発を主体にしていきます。
ばあちゃんたちが作る「忙しい娘や孫に贈る、さっと食べれるお惣菜通販シリーズ」を開発していきたいと思います。

うきは6次産業化研究開発・事業化支援センター(うきは夢ラボ)とは

商工・産業暮らしのガイド福岡県 うきは市ホームページ
うきは夢ラボではうきはで獲れる果物や野菜を加工し新しい商品の開発を目指します。少しでも多くの果物や野菜の活用を目指しています。

うきは6次産業化研究開発・事業化支援センターは、2019年7月1日(月)にオープンした施設で、「農業者等の所得増大を推進し、地域産業の振興を図るため、農業者や商工業者等が自ら行う地域農産物等を活用した加工品等の研究開発及び事業化に向けた支援を行うための施設」という目的を持つ施設です。

広報うきは2019年8月15日号で愛称が募集され、広報うきは2019年12月1日号愛称が「うきは夢ラボ」に決定したと報告されています。

Welcome back to Instagram. Sign in to check out what your friends, family & interests have been capturing & sharing around the world.

うきは6次産業化研究開発・事業化支援センター(うきは夢ラボ)の地図


埋め込み地図が表示されない場合は、このリンクからうきは6次産業化研究開発・事業化支援センター(うきは夢ラボ)の地図を表示してください。