2019/12/20掲載 西日本新聞朝刊22面 オニヅカ氏のレリーフ うきは市に来夏贈呈

うきは市ふるさと納税を勝手にPR中!

オニヅカ氏のレリーフについて西日本新聞に掲載

著作権の関係上、新聞紙面の写真は掲載していません。

2019年12月18日(木)に、ハワイ福岡県人会のキース・サクダ会長がうきは市を訪れ、ハワイ州出身の宇宙飛行士エリソン・オニヅカ氏(祖父母がうきは市浮羽町出身)の功績を刻んだ銅板レリーフをうきは市に贈呈することを約束したそうです。

浮羽町の県道749号線(保木吉井線)にはエリソン・オニヅカ橋という氏の名前を冠した橋もあり、2017年1月26日には「エリソン・鬼塚氏を後世に語り継ぐ」記念講演会が開催されるなど、エリソン・オニヅカ氏の功績を讃えることでハワイ州とうきは市とが結び付いています。

オニヅカ氏のレリーフ贈呈の約束について2019年12月20日付の西日本新聞に掲載 以前、ハワイ福岡県人会からうきは市に対して、エリソン...

2020年6月5日付の西日本新聞で、レリーフがうきは市に届いたと報じられています。

エリソン・オニヅカ橋の地図

埋め込み地図が表示されない場合は、このリンクからエリソン・オニヅカ橋の地図を表示してください。