特別定額給付金(10万円給付)はいつから、どこでもらえるのか?

うきは市ふるさと納税を勝手にPR中!

この記事では、10万円を給付する特別定額給付金制度について、図などでなるべくわかりやすくまとめていきます。

なお、記事執筆時点(5月9日最終更新)ではある程度の市区町村ごとのスケジュールが出てきているようです。特別定額給付金に関する問い合わせは、総務省が開設している特別定額給付金コールセンター 0120-260020 (9:00から18:30まで)以外では受け付けていないとのこと。

いつからもらえるの?

5月9日時点で分かっている情報について、カレンダー形式でまとめました。

4月27日(月)現在で給付対象者や受給権者を確定させますが、じゃあ4月28日(火)から市区町村窓口に行けばいいというわけではなく、申請書は基準日以降に郵送されてきますので、4月27日(月)現在で住民票があった市区町村からの郵送を待つようにしてください。

うきは市ではいつからもらえるの?→5月9日時点情報で、オンライン申請は5月1日から。郵送申請は5月8日までに発送を開始

くらし暮らしのガイド福岡県 うきは市ホームページ

オンライン申請は、制度上最も早い市区町村でも2020年5月1日(金)8:30から受付開始となっており、うきは市もこのタイミングで受付を開始しています。

また、うきは市以外の市区町村も、オンライン申請受付を開始している団体一覧で確認することが出来ます。

郵送申請は、5月8日までに郵送を開始する団体一覧にうきは市が含まれていることから、この項を加筆している2020年5月9日(土)時点では既に郵送を開始しているようで、実際に9日までに届いている世帯もあります。

ただし、郵便局の配達リソースにも限界があり、うきは市内の全世帯が同じ日に届くわけではないそうです。

 総務省は8日、全国民への一律10万円給付について、全国84市区町村が支給を始めたと発表した。  給付金受給にはマイナンバーカード保有者に限定したオンライン申請と、自治体から各世帯主に郵送される申請書を返送する2通りの方法がある。

また、総務省は2020年5月8日の発表で、うきは市を含む84市区町村が支給を始めたと公表しています。

福岡県ではうきは市の他に、大任町や東峰村が給付を開始しているようです。

じゃあ、今からマイナンバーカードを申請したら早くもらえるの?

今から申請しても確実に早くなるとは言えません。

例えばこの記事をご覧になった方が、明日4月23日(木)に急いでマイナンバーカードを申請したとします。

市区町村の状況でも変動しますが、4月23日(木)に申請しても早くても5月18日(月)の週以降にしか交付されないと思われます。

このtweetの方が仰っているように、「現在の自分が家にいながらできる方法」で申請するようにしてください。

どこでもらえるの?

自宅から、郵送またはオンラインで申請→銀行口座に振り込まれます。

コロナウイルス感染拡大防止の観点から、申請から給付までほぼ全て自宅からの手続きで完了するようになっています(本人確認書類や振込先口座確認書類のコピーを取る際に、外出する必要はあるかもしれません)。

市区町村窓口に申請書をもらいに行ったり、窓口に申請書を出しに行ったりする必要はありません。

オンライン申請はどのサイトから行えるの?

オンライン申請は、ぴったりサービスという、生活に必要な手続きをオンラインで行うためのポータルサイトから行います。

くらし暮らしのガイド福岡県 うきは市ホームページ

うきは市は2020年5月1日(金)から特別定額給付金のオンライン申請受付を開始しているため、このページの手順に沿ってぴったりサービスのうきは市ページから特別定額給付金のオンライン申請を行うことができます。

2020年4月12日(日)に初回公開、4月16日(木)に大幅に内容修正 この記事では、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)により収...

なお、先日このblogでもまとめていますが、オンライン申請は「マイナンバーカードを持っていること」以外にも事前に確認すべきポイントがあるので、あわせてご覧ください。