2020/4/24発表 うきは市独自の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に伴う緊急支援策

うきは市ふるさと納税を勝手にPR中!
うきは市は、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、売り上げが20%以上減少している中小の事業者に10万円を支給すると発表しました。 それに…

2020年4月24日(金)のNHKニュースで、うきは市独自の新型コロナウイルス感染症に伴う緊急支援策について報じられました。

うきは市独自の緊急支援策の開き方

緊急支援策のPDFを直接開くことでも支援策を確認することができますが、「パソコン・ネットにあまり詳しくない友人・知人に支援策の情報を教えたい」という場合にこの順番で開いてもらうといいですよ、という画像を掲載します。

うきは市のトップページから「新型コロナウイルス感染症に関するお知らせ」をクリックします。

「新型コロナウイルス感染症に伴う緊急支援策」をクリックすると、緊急支援策のPDFが開きます。

売り上げが減少した中小企業・小規模事業者に10万円の緊急支援金

NHKニュースでも報道された緊急支援策の内容を、フリップ風の画像にまとめました。

問合せ先はうきは市新型コロナ関連支援センターとなっており、電話番号は0943-73-7567となっています。

うきは市新型コロナウイルス対策中小企業・小規模事業者緊急支援金の申請方法

商工・産業暮らしのガイド福岡県 うきは市ホームページ

うきは市新型コロナウイルス対策中小企業・小規模事業者緊急支援金のページによると、申請相談を伴う場合は事前予約制となり、0943-73-7567に電話した上で相談時間を決める方式となるようです。

2020年4月25日(土)付 西日本新聞朝刊18面には「ウイルスの影響を受けた中小企業の支援策として国が実施、市が申請窓口になっている無担保融資制度と同じ条件のため、同制度に申請済の事業所には月内にも支給できるという」とありましたが、これはセーフティネット保証制度第4号【令和2年新型コロナウイルス感染症】の認定のことです。

一律10万円の緊急支援金を申請するためにはセーフティネットの認定を受けている必要があり、その認定を受ける条件は売上高等が前年同月に比して20%以上減少しており、かつ、その後2か月間を含む3か月間の売上高等が前年同期に比して20%以上減少することが見込まれることとなっています。

セーフティネット保証制度第4号【令和2年新型コロナウイルス感染症】の認定が済んでいる場合
  • うきは市新型コロナウイルス対策中小企業・小規模事業者緊急支援金申請書(様式第1号)(PDF版)(Word版)を作成する
  • セーフティネット保証制度第4号【令和2年新型コロナウイルス感染症】の認定書の写しを準備する
  • 振込先が分かる書類(預金通帳等)の写しを準備する

上記3つの書類を準備した上で、うきは市新型コロナ関連支援センターに提出することで申請完了となります。

申請相談を伴う場合は前述の通り事前予約制となる点にご注意ください。

セーフティネット保証制度第4号)【令和2年新型コロナウイルス感染症】の認定がまだの場合
  • セーフティネット保証制度第4号【令和2年新型コロナウイルス感染症】の認定を受ける必要があるため、以下の書類等が必要となります
    • 認定申請書(PDF版)(Word版)
    • 売上高等比較表
    • うきは市で1年以上営業していることが分かる書類
    • 損益計算書もしくは試算表等
    • 実印
    • (金融機関等による代理申請の場合のみ)委任状
  • うきは市新型コロナウイルス対策中小企業・小規模事業者緊急支援金申請書(様式第1号)(PDF版)(Word版)を作成する
  • 振込先が分かる書類(預金通帳等)の写しを準備する

認定関係の書類および緊急支援金申請書(様式第1号)、預金通帳等の写しを準備した上で、うきは市新型コロナ関連支援センターに提出することで申請完了となります。

申請相談を伴う場合は前述の通り事前予約制となる点にご注意ください。

うきは市新型コロナウイルス対策中小企業・小規模事業者緊急支援金の支給開始

2020年4月29日(水・祝)の西日本新聞朝刊16面に、この緊急支援金の支給が開始された旨の記事が掲載されています。

2020年4月28日(火)に支給されたのは9件で、事前にセーフティネット保証制度第4号【令和2年新型コロナウイルス感染症】の認定が済んでいた分のようです。

なお、記事中ではうきは市新型コロナ関連支援センターの電話番号が0943-75-4986と書かれていますが、4月30日(木)からは0943-73-7567となっている点に注意してください。

雇用の場を求める方を会計年度任用職員として雇用

職員採用行政情報・職員福岡県 うきは市ホームページ

こちらは緊急支援策のPDFとは別に、令和2年度うきは市会計年度任用職員の募集について【緊急対策】として単独ページが公開されています。

  • うきは市に住民登録している
  • うきは市内の企業等に勤務している

方で、5つの条件のいずれかに該当する方が雇用の対象となっています。

住民登録 市内勤務 条件
新型コロナウイルス感染症の影響により、
企業等から解雇され失業中の人
新型コロナウイルス感染症の影響により、
企業等から採用の内定を取り消された
大学院・高等専門学校・短期大学・
専門学校(専門士の称号を取得した者に限る。)・
高等学校の新卒者
新型コロナウイルス感染症の影響により、
現在休業中の人(自営業の方も含みます。)
新型コロナウイルス感染症の影響により、
世帯の収入が減少した人
雇用の場を求めている人

最後の条件が幅広く、うきは市に住民登録があって雇用の場を求めている方なら該当することになります。

うきは市に住民登録がなくても、市内企業に勤務していて解雇された、または休業となった方は該当します。

ただ、この条件だと「市外の大学等に通学しており、うきは市内に住民登録がない内定取消者」は該当しないと思われます。

就学支援の対象を拡充

教育・人権暮らしのガイド福岡県 うきは市ホームページ

これまで、非課税世帯のみだった学用品費・給食費等の援助(就学援助制度)の対象世帯を、「失業や休業、あるいは自営業を休業したことにより家計が急変した世帯」にも拡充するそうです。

うきは市商工会での申請手続支援

国・県などの支援制度(主に経済産業省関係のもの)は、うきは市とうきは市商工会が連携して申請手続をサポートするとのこと。

そのサポートのため、中小企業診断士1名と会計年度任用職員4名をうきは市で採用して支援体制を強化するそうです。

花卉農家支援と医療関係者への感謝

JAにじの花部会では「レインボーフラワー」というブランドでうきは市産の花卉を販売しています。

そのレインボーフラワーをこの独自支援策で買い上げ、医療従事者への感謝を込めて感染症指定病院等に届ける事業を行うとのこと。

テイクアウト・デリバリー支援


市内事業者が行うテイクアウト・デリバリーサービスを新規開始する団体を支援するための補助金(1件あたり最大150万円)を新設。

うきはエール飯WEBサイトはコロナの影響を受けている飲食店を応援する為に立ち上がった支援サイトです。コロナに負けるな!うきは観光みらいづくり公社

現在、うきは市のテイクアウト・デリバリー店舗を紹介するサイトは#うきはエール飯うきは市商工会中小企業応援サイトなどがありますが、あくまで紹介だけなので、オーダーまで一括でできるようなサービスを開始する場合の補助金ということかもしれません。

買い物代行支援


感染拡大防止のため外出を控えている高齢者、妊婦、病気療養者等を対象とした買い物代行支援事業を行うもの。

飲食店・宿泊施設等支援



2020年5月9日(土)の西日本新聞に「うきは市商工会青年部が飲食店、宿泊施設応援チケット発行」という記事が掲載されました。

うきは市商工会青年部では、新型コロナウイルス感染症の対策として、飲食業・宿泊施設向けの応援チケット事業を企画いたしました。 そこで、飲食業・宿泊業を営む会員事業所の皆様を対象に登録店を募集いたします! 詳細につきましては、別紙をご参照頂き、ご賛同いただける方は下記申込書にご記入頂き、商工会事務局までご提出を...

うきは市商工会からも応援チケットのお知らせが公開されており、

  • 支援事業参加店舗(うきは市商工会会員の飲食・宿泊業で参加申請した事業所)にて応援チケット(販売額5,000円)を販売、消費者はそれを購入
  • 購入した応援チケットは5,500円分の利用が可能なものとなるが、例年のプレミアム付商品券とは違い、応援チケットは購入した店舗でのみ利用可能
  • 2020年6月1日(月)より応援チケット発行(販売)開始
  • 応援チケットの利用期間は2020年6月1日(月)から11月30日(月)の6ヶ月間

というものとなっています。