特別定額給付金のオンライン申請で、iPhoneユーザーの初見殺しの罠2選

うきは市ふるさと納税を勝手にPR中!

この記事では、10万円を給付する特別定額給付金制度のオンライン申請について、iPhoneの場合の落とし穴について説明します。

なお、私自身はAndroidユーザーなので、スクリーンショットを取得したりご質問に答えたりする対応はできません、あらかじめご了承ください。

また、この記事の内容を含むよくある質問は特別定額給付金サイト上でまとめられています。その中でも特に「これは落とし穴だなあ……」と思った2つを紹介するものです。

iPhoneでマイナンバーカードを読み取ったり電子署名を付与したりした後に、デカデカと罠のリンクボタン(ふりだしに戻る)がある

「お前は何を言っているんだ」と突っ込まれるかもしれませんが、罠としか言えないUIになっているんです……

質問文は「「電子署名を付与する」画面で、カード読み取り後、「マイナポータルAP」のトップ画面が表示され、「ぴったりサービス」ボタンを押すと、ぴったりサービスのTOP画面に戻ってしまいます(iPhone)。」となっているもので、

  1. 給付金申請のためのもろもろの情報を入力する
  2. 仕上げの段階で、マイナンバーカードの電子署名を付与する
  3. マイナポータルAPの画面に大きく4つのボタンが表示される
  4. それらのボタンを押してしまうとふりだしに戻る

iPhoneで特別定額給付金のオンライン申請を行った知人に尋ねたら、「自分もその罠にハマりました」と言っていたのですが、そりゃハマるだろう……というUIです。

総務省も単独で解説PDFを作るくらいですから、多くの人が罠にハマっていると思われます。

解説PDFにもありますが、正解ルートは4つのボタンは全て無視し、左上の小さな「←Safari」をクリックだそうです。

解説なしで初見で正解ルートを選べる人はどれくらいいるのでしょう……

Safariのプライベートブラウズがオンになっているとセッションタイムアウトになってしまう

こちらの質問文は「「電子署名を付与する」ところでマイナンバーカードを読み取るときに、「セッションタイムアウト」になってしまいます(iPhone)。」

これも、知らずにプライベートブラウズがオンのまま操作を行っていると、入力した情報が消えてしまいます。

解答文の「Safariの右下のタブを押し、左下の「プライベートブラウズ」をオフにして、再度申請を行うと解決することがあります。」もちょっと気になりますが。